RESIDENT 入局案内

入局を考えている人へのメッセージ

イメージ 井上 真
井上 真Makoto INOUE
杏林大学 医学部 眼科学教室 主任
専門分野

網膜硝子体疾患

杏林アイセンターは多くの臨床経験ができる場所です。網膜硝子体疾患の分野でも日本有数の症例数がありますので研修医の皆さんの若い力で益々盛り上げて頂くのを期待しています。

イメージ 平形明人
平形明人Akito Hirakata
杏林大学 医学部長
専門分野

網膜硝子体疾患

視覚障害から回復した患者さんの笑顔は最高の生きがいです。眼には多くの全身疾患のサインがあり他科の治療にも貢献できるやりがいの高い仕事です。将来の急速な進歩にも対応できるバランスのとれた眼科医育成を最大の目標にしています。研修時代に広い分野の疾患に触れるアイセンターに参加してください。

イメージ 岡田 アナベル あやめ
岡田 アナベル あやめAnnabelle Ayame OKADA
専門分野

眼炎症(ぶどう膜炎、強膜炎など)
黄斑疾患(加齢黄斑変性、近視性黄斑症など)

眼科は外科系(surgical)の専門だと知られていますがぶどう膜炎や加齢黄斑変性には内科的(medical)な治療を行います。medical眼科に興味を持っている方、是非アイセンターに来てください!

イメージ 山田 昌和
山田 昌和Masakazu YAMADA
専門分野

角結膜疾患 臨床疫学

臨床医としての最初の数年は大切です。common diseaseへの対応を習得することはもちろん,滅多に見ないが一度は見ておくべき疾患を経験することも大事です。杏林アイセンターは両方を同時にかなえることができる貴重な「場」です。

イメージ 慶野 博
慶野 博Hiroshi KEINO
専門分野

眼炎症疾患(ぶどう膜炎)

研修医の皆さん、もう入局先は決まりましたか?
日本初の総合眼科医療センターである杏林アイセンターで私達と一緒に新しい眼科医療を作っていきませんか?大いなる可能性を秘めた皆さんの入局を心から歓迎します。

イメージ 厚東 隆志
厚東 隆志Takashi KOTO
専門分野

網膜硝子体疾患、硝子体手術

杏林アイセンターでは年間1200例を超える硝子体手術を行っており、早くから第一助手として多数の症例を間近に見ることが出来ます。手術の前後には手術の理解が深まるよう、丁寧な指導を行っています。若いときに見た数多くの症例は生涯にわたる財産となります。皆さんの入局を楽しみに待っています。

イメージ 廣田 和成
廣田 和成Kazunari HIROTA
専門分野

網膜硝子体疾患

眼の手術は難しいところもありますが結果がわかりやすくチャレンジのしがいがありますよ!!

イメージ 松木 奈央子
松木 奈央子Naoko MATSUKI
専門分野

水晶体疾患

前期研修医の先生方へ
眼科は色々な専門がありそれぞれ特徴があります。興味がある方は是非眼科にいらして下さい。特に白内障手術をお教え致します。

イメージ 中山 真紀子
中山 真紀子Makiko NAKAYAMA
専門分野

眼炎症

杏林アイセンターは専門外来が充実しており、診療で困っても、教授をはじめ上級医の先生方に相談しやすい環境が整っていると思います。まずは一度見学にいらしてください。ぜひ一緒に働きましょう!!

イメージ 安藤良将
安藤 良将Yoshimasa Ando
専門分野

眼炎症

毎日忙しいですが、各専門分野があるアイセンターは研修するには非常にいい環境にあると思います。「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、研修医時代は多くの経験をすることが今後の財産になるのではないのでしょうか。共に成長出来たらいいなと思います。

イメージ 斎藤恒浩
斎藤 恒浩Tsunehiro SAITO
専門分野

緑内障・涙道

眼科は生活の上で大変重要な視機能を守り、手術では見える喜びを患者とわかちあえる、目に見えるやりがいのある科です。

イメージ 柳沼 重晴
柳沼 重晴Shigeharu YAGINUMA
専門分野

水晶体疾患 白内障手術 眼窩・眼瞼疾患

眼は神秘的、魅力的な器官です。一緒に眼科の奥深さを探求しましょう。

イメージ 内田裕規
内田 裕規Yuki Uchida
専門分野

緑内障

こんにちは。今年から眼科入局しました、内田裕規です。初期研修医の期間はたくさんの科で悩まれると思います、僕は少し興味があった眼科を選択したところ、ローテ期間中に関心が深くなりました。皆さんも是非、一度は眼科ローテを考えてみてください。きっと楽しいです。