CONSULTATION 診療案内

診療実績

外来診療

最近5年間の外来患者数
イメージ 最近5年間の外来患者数

(人)

27年度28年度29年度30年度31年度
再診 63,71260,15262,75364,29161,875
初診(紹介 ) 4,2514,3834,4964,3774,380
初診(その他)907732683537447
救急外来 1,170969957759716
紹介率(%) 8286878991

手術等件数

最近5年間の主要手術件数(外来手術含む)
イメージ 最近5年間の主要手術件数

(件)

27年度28年度29年度30年度31年度
網膜硝子体手術1,3641,0331,3201,2541,355
白内障手術 2,2202,2592,3602,4832,667
緑内障手術 163175167146130
角膜移植 3933323130
斜視手術 144165165172196
眼瞼手術 9773656255
手術件数の内訳(平成31年度)

(件)

白内障手術2,667
網膜硝子体手術合計 1,355 件網膜剥離406
増殖糖尿病網膜症98
黄斑円孔110
網膜前膜165
増殖硝子体網膜症13
網膜復位術(強膜バックリング術)76
硝子体切除術74
その他413
緑内障手術合計 130 件流出路再建術94
濾過手術36
角膜移植術30
斜視手術196
涙道内視鏡手術54
涙小管形成手術3
眼瞼下垂症手術48
眼窩内腫瘍摘出術5
翼状片手術35

網膜硝子体疾患の中核病院です。平成31年度の硝子体手術施行症例は、網膜剥離406例、糖尿病網膜症98例、黄斑円孔110例、黄斑上膜 165例、増殖硝子体網膜症13例、網膜復位術76例、その他487例でした。眼科のベッド数は41りますが、満床状態が慢性的に続いており、白内障手術のみでなく、硝子体手術も少しずつではありますが症例を選択しつつ外来手術件数を増やす方向に向かっています。

加齢黄斑変性症に対する抗VEGF療法、光線力学療法初回治療、ぶどう膜炎・視神経炎・眼窩偽腫瘍等に対するステロイドパルス療法、角膜移植、小児の斜視手術などにも対応しています。NICUにおける極小未熟児症例の増加に伴い、レーザー治療を要する未熟児網膜症の症例も増えています。

レーザー治療件数(平成31年度)

(件)

網膜光凝固術375
虹彩光凝固術79
後発白内障手術251
光線力学療法13