心療眼科研究会のウェブサイトへようこそ!

Welcome to Japan Psychomedical Ophthalmology Society!

目と心の関係を研究し、明日からの臨床に役立つ知識と技術の修得を目指します。

NEW

第12回 心療眼科研究会

Update: 2017.11.21

テーマ 「眼疼痛と心療眼科」

当番世話人  若倉 雅登(井上眼科病院)

日 時  2018年(平成30年)7月14日(土) 15:30 - 18:30
場 所  日本出版販売株式会社 5F 会議室(低層階用エレベーターをご利用ください)
     東京都千代田区神田駿河台4-3 新御茶ノ水ビルディング
     JR御茶ノ水駅 聖橋口を出てすぐの右手高層ビル
会 費  2,000円(当日微収)

プログラム

開会の辞

若倉 雅登(井上眼科病院)

1. テーマ講演

眼の痛み総論、何を考え、何を除外する必要があるか?
清澤 源弘(清澤眼科医院)小町 祐子(東京医科歯科大学医学部附属病院 眼科)

2. 一般講演

座 長:清澤 源弘(清澤眼科医院)
アドバイザー 石郷岡 純

長く眼疼痛性障害で経過をみられた角膜上皮接着不良
志村 由依(順天堂大学附属順天堂医院 眼科)若倉 雅登、天野 史郎(井上眼科病院)

白内障術後に網膜剥離、高眼圧を発症し眼球摘出を希望するほどの眼痛に苦慮した一症例
岩田 文乃(旗の台駅東口いわた眼科)

不安と恐怖が誘因と考えられる眼痛に漢方治療とカウンセリングが有効であった一例
山本 昇伯(山本眼科医院)菊地 学(目白大学人間科学部心理カウンセリング学科)

漢方治療(鍼、湯液)を試みた三叉神経痛の6症例
竹田 眞(竹田眼科)

中枢性羞明患者を手術しないために
岡田 正喜(市立豊中病院 眼科)

3. 招待講演

座 長:気賀沢 一輝(杏林大学病院 眼科)

眼疼痛と鍼灸
鳥海 春樹(慶應義塾大学 神経内科 鍼灸外来)

眼疼痛患者へのソーシャルワーク 〜ストレングス視点に基づく支援〜
永沼 加代子(井上眼科病院 ソーシャルワーカー)

4. 特別講演

座 長:若倉 雅登(井上眼科病院)

慢性疼痛の心身医学
西村 勝治(東京女子医科大学 精神科学 教授)

閉会の辞

気賀沢 一輝(杏林大学病院 眼科)

一般演題および参加申込について

  • 一般演題  〆切 2018年7月2日(月)
    締め切りました。
  • 日本眼科学会専門医認定事業ではありません。
  • 準備の都合上、参加を予定される方は事務局まで メール にてお知らせください。当日受付も可能です。
  • 当日、お弁当の準備はありません。

問い合わせ
第12回 研究会 事務局
担当:井芹
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 井上眼科病院内
Tel: 03-3295-0911(内線: 7022) Fax: 03-3295-0917
e-mail: izeri-y@inouye-eye.or.jp

主 催 心療眼科研究会

Page Top ↑